前へ
次へ

法律にのとった契約書が必要になる理由

契約書については広い範囲に亘る役目を果たしていますが、重要になってくるのは、様々なトラブルを前もって防ぐ機能です。
紛争がもたらされても、証拠の契約書がなければ契約の中身を証することができません。
予防法務の角度から、将来において出てくることが見通せる様々なトラブルを先だって考えて、現実の上でトラブルが起きたときにはどういったやり方で解決するかを反映させている契約書を用意することが重要となります。
取引をスムーズに全うするため トラブルの未然防止だけでなく、取引を何の問題もなく全うするためにも契約書は大事になってきます。
前もって紛争を考えた契約書が最初から作られていれば、仮に取引のプロセスで何事か差し障りが生じても契約書の条項にのっとって対応すればよく、取引先との円満な関係性が維持できます。
詰まるところ、取引先のためにと思って契約書を準備しないということは、一見すると誠実に見えますが、現実にはかえって不誠実といえます。

Page Top