前へ
次へ

裁判では執行猶予や起訴猶予が付く事がある

刑法に違反すると、場合によっては罰金だけでなくて懲役刑を受ける事があります。
しかし、栽培では状況に応じて執行猶予や起訴猶予を受ける事があり、これらを受ける事が出来れば刑を避ける事が出来ます。
もし、執行猶予などが付かなければそのまま罰則を受ける事になり、懲役刑を受ければ生活状況ががらりと変わります。
しかし、懲役刑を受けても執行猶予があれば、猶予期間が設けられます。
例えば執行猶予3年であれば、有罪となっているけどこの3年間に何も刑法に違反しなければ結果的に罰則を受けなくても済むという事です。
例え前科が付いても執行猶予が付くのと付かないとでは大きな違いになります。
では、どのような時に執行猶予が付くのかと言うと、犯罪の度合いや反省度によって違ってきます。
ただ、いくら反省をしていても罪が重たければ執行猶予が付く事はほとんどないです。
つまり、どのような罪をしたかによって大きく変わってきます。
このように刑法に違反しても罰則を受けなくても済むパターンもあるという事です。

Page Top